浄水器HPへ戻る

2017年05月11日

浄水器 設置事例:ACRT-550MPS 市原市 A社様

CIMG1588_001.jpg

A社様の事務所の給湯室に設置させて頂いた逆浸透膜式浄水器ACRT-550MPSです。

シンク排水管の裏側へ浄水器の本体を滑り込ませる事が出来ましたので収納スペースを大きく残す事が出来ました。A社様では地下水を利用されていました、水質検査では異常なしですが、臭気もあり、スタッフの方の飲料水は宅配水サーバーを利用されていました。

地下水の水質検査を行う場合、水道水質基準ですと50項目ありますが、全項目の検査は通常20万円位のコストとなります、これは検査項目の中に揮発性物質など検査の難しい項目があるため、高額になってしまうそうです。

企業が地下水の検査を行う場合、地域の保健所により要求される検査項目数は異なりますが、緩いところだと10~15項目位、厳しい所でも27項目位で全項目を求められる事はありません。

検査してない項目については基準値以内か超過しているのか判らない訳で10~27項目以外の有害物質が存在している可能性も有るわけです。

宅配水と同じ純水を造る事が出来る浄水器、逆浸透膜式の浄水器をインターネットで見つけて、アクアカルテックにお問い合わせ頂きました。

逆浸透膜浄水器は宅配水やスーパーマーケットに設置されている大型浄水機と同じ純水を造る事が出来る浄水器です。

アクアカルテック・ホームページ

投稿者 aqua : 17:27 | コメント (0)

2017年05月10日

浄水器の補助金制度

都市の喧噪から離れて閑静な郊外でゆったりと生活する、素敵なライフスタイルですが、人口密度が下がればライフラインの充実度も下がってしまいます。

電気が無ければさすがに生活に支障がありますので、電気は必須項目です、オール電化システムもありますが、都市ガスのラインが無くてもプロパンガスは導入可能でしょう。

残りの水道は、水道管を敷設する工事は大きな費用が掛かり、使用する世帯数が少ない場合、1戸当たりの費用が膨大になってしまうため、それなら井戸を掘って給水確保となります。

井戸水の水質については良いか悪いか、掘ってみなければ判らない、水質が悪い場合は更に深く掘ってみるしかないのですが、良い水質の水源に当たるかどうかは運次第となります。

ヒ素、硝酸など有害物質が検出されて飲用不可のケースも珍しくありません、この様なケースで井戸水を飲用可能な水に浄水出来る浄水器を購入場合の購入費を補助する制度のある市町村があります。

付近に水道本管が来ていないなど一定の該当条件がありますが、千葉市では浄水器購入費の90%、八街市、佐倉市、印西市、芝山町では浄水器購入費の50%、富里市では浄水器購入費の30%を助成しています。

補助金の対象となるのは基本的に「逆浸透膜式の浄水器」である事が条件です、ヒ素や硝酸など危険な有害物質が含まれている水に対しても95%以上の除去率で対応出来るのが逆浸透膜式の浄水器とその他の浄水器の違う点です。

水道水にしか使用出来ない浄水器は安全な水以外使用してはいけない、という事。

本当の除去性能がある浄水器なら汚染された井戸水に対しても当たり前に対応して安全で美味しい水が造れます。

アクアカルテック・ホームページ

投稿者 aqua : 18:29 | コメント (0)

2017年05月04日

加湿器でガスコンロの火が赤くなる

加湿器のシーズンも終わりですが、ガスコンロの火が赤くなる、実際にはオレンジ色ですけど、一般的には酸素の供給不足からの不完全燃焼→ガス機器の故障を疑うのですが、加湿器の水蒸気が原因になっている場合があるそうです。

水道水に含まれるアルカリ金属類のイオンがガスの炎で炎色反応を起こし、青いガスの炎がオレンジ色になってしまうのだそうです。

炎色反応は理科で習いましたが、花火の色などにも利用されます、たしか、ナトリウムはオレンジ色、ストロンチウムは赤色など...

「加湿器でガスコンロの火が赤くなる」はアクアカルテック浄水器のユーザー様からお聞きしました、大型の加湿器をご利用のユーザー様が、ある日、浄水器の浄水では無く、水道水を使用したところ、ガスコンロの火が赤くなり、たまたまTVで、その話題が放映されていて理由をお知りになったそうです。

調べるとガス会社ホームページのQ&Aにも記載がありました

浄水器の浄水を使用しているときはガスコンロの火は赤くならなかったそうです、ここでポイントがありす、アクアカルテックの浄水器は全て逆浸透膜方式の浄水器なので水道水の金属イオンも95%以上除去していますので、ガスコンロの火は赤くならなかったのです。

一般的な浄水器では水に溶けた金属類は分離除去できませんので、水道水そのままと同様、ガスコンロの火はあかくなってしまうはずです。 

浄水器で水が美味しくなった様に感じても、水に溶けた小さな不純物は全部そのまま残っています。

水に有害物質が溶けていても、並はずれた高濃度ではない限り、味覚、臭覚、視覚で異常は感じない無色透明な水です。

アクアカルテック・ホームページ

投稿者 aqua : 14:16 | コメント (0)

2017年04月03日

浄水器 設置事例:ACRT-550MPS さいたま市 O様

CIMG1570_001.jpg

引き出し型システムキッチンへの浄水器設置事例です。

浄水器本体は例によって引き出し奥の配管スペースへ配置する事が出来ました、殆どのキッチンの奥行き寸法は浄水器を置けるのですが、給水管、給湯管、排水管の位置に依っては横幅が足りない場合もありますので、引き出し収納の場合は事前の下見をしさせて頂いた方が無難です。

今回も取り付け前に実際の浄水器、貯水タンクをお持ちして配置確認と商品説明をさせて頂きました。

写真の様に給排水管、排水管の配置がかなりイレギュラーで中心部分に空きがあります、幸いにも配管をさせて浄水器を配置する事が出来ました。

貯水タンクは出来れば間口の狭い引き出し収納へ配置します、これは貯水タンクの長期加重による、スライド金具や収納本体(箱の部分ですね)の変形を防ぐためです。

アクアカルテック・ホームページ


投稿者 aqua : 12:44 | コメント (0)

2017年03月21日

ミネラルの話

弊社浄水器のユーザー様のお話です、ユーザー様のお知り合いでも逆浸透膜式の浄水器を使っている方がいらっしゃって、でもミネラルを除去した純水だと心配なのでミネラル添加をして飲んでいらっしゃるとか。

嗜好や味覚的な問題でミネラルを添加した水が好みであれば、それも良しと思いますが、単に健康の事だけを考えてミネラル添加をされているとすれば、それは無意味な事です。

逆浸透膜式の浄水器はミネラルも除去して純水を造ります、水に溶けたミネラル(=金属イオン)は水中の不純物の中で一番小さい物質です、正確には金属イオンの大きさにも差がありますが、ここまで小さくなると金属イオン間の大小で分離するかしないかの選択を出来るような差違にはならず、全て通過させるか、阻止するかの選択となります。

逆浸透膜浄水器のメンブレンフィルターは非常に細かく、この様なミネラル(=金属イオン)も95%以上、分離除去する事が出来ますので、ミネラルは全て除去します、それ以上の大きさの不純物も当然に除去するので、浄水は純水となります。

ここでミネラルには体に良いとされるカルシウムやマグネシウムなどと、水銀、鉛、カドミウムなど有害ミネラルが存在し、ミネラル=体に良いではない事を先ず念頭に置いて下さい、またミネラルの善し悪しで区別して除去する、除去しないを設定する事も出来ません、全て通過させるか、全て除去するかの2択となります。

またミネラルには有機ミネラルと無機ミネラルがあり、動植物の体内にあるのは有機ミネラル、水に溶けているのは無機ミネラルです。

有機と無機では人体への吸収効率が大きく異なり、無機ミネラルは人体への吸収効率の悪いミネラルです、水に含まれるミネラルは元々微量です、日本の河川水で考えればなおのこと微量です。

この様に水に含まれる微量かつ吸収効率の悪い無機ミネラルが人体の健康維持に寄与していると考える事の無意味さがお判りになるかと思います、通常のお食事をされていれば、水中の無機ミネラルが除去された純水で生活されて健康を害するなどあり得ないと断言出来ます。

一方で吸収効率悪い無機ミネラルですが、一旦、体内に入るとなかなか排出出来ない、重金属ミネラルも存在します、以上の様な観点から水中の有害物質を全て排除して体内へ入ることを防ごうとするのが逆浸透膜式の浄水器です。

アクアカルテック・ホームページ

投稿者 aqua : 09:47 | コメント (0)